はじめに

「住マイル」は、住宅履歴書の管理・運営をNPO法人住宅再生推進機構がサポートする住宅履歴情報管理システムです。
大切に住み継がれる住宅に必要となる住宅履歴情報の整備の普及のため『住マイル』を導入運営しております。
法人会員様(建築・住宅・不動産関連企業)の顧客の住宅履歴情報の管理が、1棟から可能なシステムとなっており、システム導入費用がかからない利用も可能です。
2009年6月4日に施行されました「長期優良住宅普及促進法」で求める「住宅履歴書」及び周辺データーの維持管理とサポートを一体化したシステムとなっていますので、「住マイル」を利用することで、お客様に「安心・安全」をお届けすると共に『住宅』という大事な資産を守ることに繋がります。

「住マイル」は・・・

住宅履歴管理システムSMILE ASPをNPO法人住宅再生推進機構仕様にカスタマイズされたものです。
SMILE ASPシステムは、平成17~19年度国土交通省 住宅・建築関連先導技術開発助成事業に採択され東京大学生産技術研究所(野城研究所)・東京ガス㈱・住生活情報マネジメント企画(株式会社構造計画研究所)にて開発されたシステムです。尚、㈱構造計画研究所は今秋発足予定の国土交通省認定の『情報サービス機関(注)』に認定される予定です。

注 『共通ID(住宅固有ID)』 発行することができる機関です。
『共通ID』は、『ID配布機関(今春発足予定) 』から『情報サービス機関』へ配布され、『情報サービス機関』は、配布された『共通ID』を登録された住宅1つに1つづつ発行します。『共通ID』は、それぞれの住宅唯一の番号となります。きちんとした管理の元蓄積されている住宅履歴情報である証明となります。

住宅履歴情報管理について

NPO法人住宅再生推進機構の考える住宅履歴情報管理に大切なことは、以下の3つです。

本システムは、住宅履歴情報整備検討委員会の委員長野城教授を始めとする有識者の長年にわたる協議によって構築され、長期的に住宅を維持管理するために必要な
【確実な情報の蓄積】
【長期保管可能な情報管理体制】
【住み手とのコミュニケーション】
に重点を置いたシステムとなっております。
NPO法人住宅再生推進機構は、第三者の立場から会員事業者様の住宅履歴情報管理をサポート致します。第三者による管理は、住まい手に安心感を与えます。

サポートコース①(一棟ごと住マイルを利用する)

サービスの流れの一例です。導入費不要で利用をスタート可能です。

サポートコース②(住マイルを導入し管理する)

サービスの流れの一例です。会員事業者にて住マイルを導入し管理します。
運用・管理は、当機構がサポートします。

「住マイル」と私たちだからできること

「住マイル」3つのサービス

いえかるての長期保管

SMILE ASPシステムの活用で長期保管を実現!
安心の情報管理体制です。

いえかるての電子データ化・入力代行

手間と時間のかかる住宅履歴情報の電子データ化・登録は、
サポートセンターで代行します。

住宅お悩みサポート

ホットラインを利用したアフターサポートが可能です。
新しいコミュニケーションを活用し、顧客との関係構築にお役立て下さい。

まだまだあります。「住マイル」3つのオプションサービス

維持保全計画に基づいてメンテナンス時期が近づくと
顧客と担当者へメールにてお知らせ致します。

イベントのお知らせ等を住マイルを通じ発信することができます。
引き渡し後のコミュニケーションとして活用頂けます。

当機構より顧客へ暮らしに役立つ情報を配信致します。
顧客にもっと住まいに親しんで頂くサポートです。

住マイルセット

住マイルをご利用の顧客へ住マイルセットをお贈りします。

  • はじめに
  • サポートコース
  • 3つのサポート